Reputation Guard TOP

Reputation Guard(RG)は、インターネット上に広がる
悪意に満ちた誹謗中傷や風評被害から、企業を守ることを目的にした専門家集団です。

下記のような、いわれのない書き込みに悩まされた経験はありませんか。

 

例えば、このような書き込み
  • 給料の割に、激務で割に合わない
  • 経営陣が好き勝手に経費を使っている
  • 商品を買ったけど、すぐに壊れた
  • サービスが悪く、従業員の態度も悪い

企業を検索した際に、このようなマイナスイメージを連想させるキーワードが候補として出てきた場合、
企業の信用や売上に大きく影響します

    ここでは、Reputation Guard(RG)が行っている、風評被害対策について説明していきます。

     

    RGでできる3つのこと~誹謗中傷・悪評対策~

    Reputation Guard(RG)が行っている、風評被害対策について紹介していきます。

    具体的な方法としては、下記の3つが挙げられます。

    • 検索候補(サジェスト)からの削除
    • 企業レビューサイトへの対応
    • 指定キーワードでの検索順位の低下(逆SEO)

    この3つです。

    \相談は無料!/

    ①Googleサジェスト・Yahoo!サジェスト

    風評被害対策で最も多いのが、このGoogleYahoo!の検索候補(サジェスト)への対応です。

    「サジェスト」は、他のユーザーがたくさん検索しているキーワードや、一緒に検索されているキーワードを自動で表示されています。

    例えば、GoogleYahoo!で「●●株式会社」と調べた際に、検索窓にサジェストのキーワードが表示されます。

    もし、あなたの会社のサジェストに、「最悪」とか「ブラック」とか出てきたとしたら、事態はかなり深刻だと言わざるを得ません。

    会社のHPを見る前に、サジェストを見た時点で既に、企業に対しての印象が判断されてしまうのが現実です。

    RGでは、このいわれなき悪評を消去することが可能です。

    ②企業レビューサイトへの対応

    現在、幅広いジャンルで、企業のレビューを集めたサイトがあります。

    商品やサービスについての感想だけでなく、転職市場でも口コミやレビューサイトの価値は高まっています。

    そこに書かれている企業の評判は、購買や転職など、企業にとって大きな影響を与えます。

    RGでは、書き込まれた評判の削除や改善を行っています。

    「●●の商品は、最悪でした。」

    「この会社は、かなりブラックな会社です。」

    売上と同等、あるいはそれ以上に人財確保は企業の命題と言えます。

    もし、企業のレビューにネガティブな情報が載ってしまったら、早急に対策を行うことをお勧めします。

    ③指定ワードにおける 検索表示順位の押し下げ(逆SEO)

    「詐欺」、「ブラック」、「怪しい」など。

    サジェストにこのようなネガティブワードが出てきた際に、
    キーワードの削除だけでなく、特定のワードに対して、検索表示を押し下げることも可能です。

    「検索上位表示=SEO」という言葉は、耳にする機会が多いと思いますが、その逆の発想を活かした対策です。

    もちろん、SEOの専門知識も有していますので、貴社が本当に検索して欲しいキーワードでのSEO対策を並行して行うことで、より効果は大きくなります。

     



     

    ネット社会における風評被害の脅威

    改めて、インターネット上の風評被害は、具体的にどのような影響を及ぼすのか考えてみたいと思います。

    最大の注意点は、一度火がついてしまうと、勢いを止めるのは非常に難しいということです。

    最近では、組織的にAmazonレビューなどに悪意のある評価やレビューを大量に投稿する事例も出てきています。

    残念ながら、実態が素晴らしい企業でも、勢いがついてしまった悪評の被害を受けてしまいます。

    代表的な影響としては、以下の3つが挙げられます。

    Amazon不正レビューとは?報道番組でも特集された被害

    1.見込み顧客や既存顧客の機会損失

    最も直接的なものとしては、会社の売上が減少します

    新規取引や見込み顧客は、HPからの流入が多くを占めている企業がほとんどです。

    サジェストに出てくるネガティブワードによって、HPを見る前に判断されてしまい、
    新しくHPを訪れるユーザーが減る影響は極めて大きいと言えます。

    さらに、新規や見込み客の機会損失だけでなく、既存の顧客離れへも派生していきます。

    これは、商品レビューなどでネガティブな評価を見るケースや、
    サジェストを見た周りの人から知るケースなど、さまざまな影響を与えていきます。

    サジェストやレビューのネガティブワードによる影響は、計り知れません。

    人財確保の難航

    現在の就職・転職活動では、インターネットでの情報収集が欠かせません。

    例えば、下記のような2社から内定をもらっている方がいたとしたら、どちらを選ぶでしょうか。

    内定者は、A社とB社 どちらを選ぶ?

    ・A社:インタビュー上の評判がいい会社
    ・B社:検索候補に怪しいネガティブワードが踊り、転職サイトでも悪評が多い会社

    商品やサービスへの悪評も影響が大きいですが、長い目で見た場合は、
    人財確保への障害のほうが、会社経営への影響力が大きいという経営者も多いです。

     

    既存社員の士気の低下

    風評被害の影響は、対外的なものばかりではありません

    悪い評判は、在籍している社員にも影響を与えていきます。

    社員が直接目にするだけでなく、友人や家族を通じて、初めて知るというケースもあります。

    そして、徐々に士気が下がっていった社員が、また新しい悪評を書き込むという
    負のスパイラルが構築されていくのです。

    \1分以内で簡単入力!/

    風評被害のお問い合わせ窓口へ

     

    風評被害なら、RGにお任せください

    風評被害にお困りでしたら、RG(Reputation Guard)にお任せください

    • GoogleやYahoo!の検索結果
    • 口コミサイトへの働きかけ
    • ネガティブワードの逆SEO

    Reputation Guardは、企業の風評被害に特化した専門家集団です。
    ご相談は無料
    もちろん、ご相談いただいた内容は、守秘義務が適用されます。

    メール、もしくは、お問合せフォームにて、
    ご相談内容を、可能な限り詳しくご記載いただけるとスムーズです。

    後日、担当者からご連絡いたします。

    こんなお困りごとは ありませんか
    • ネットで覚えのない評価をされた
    • ある投稿を境に売り上げが下がった
    • 検索結果のネガティブワードが目立つ

      以上のようなことでお困りの方は、RGがお役に立てますよ。

      Reputation Guard
      ネットの誹謗中傷・企業イメージの低下
      「司法書士」にご相談ください!

      RG



      Reputation Guardがおすすめする相談先は司法書士です。

      ネットやSNSでは企業イメージを傷つける書き込みがたくさんあります。

      ネットの書き込みや口コミは、

      • 企業ブランドの損傷
      • 顧客離れ
      • 入社数の低下

      などにつながります。

      企業をマイナスイメージから守る手段がない。

      そんな企業・個人の方は是非一度へご相談ください。

      お問い合わせ窓口へ