Googleサジェストは操作できる?【仕組みと削除を徹底解説】

Googleサジェストにネガティブなキーワードが出てきてしまう。

そんな時に「Googleのサジェストを変えられたら」と思うことはないでしょうか?

 

Googleのサジェストがどのように決定されているのか。

メカニズムのヒントを知れば、解決につながるかもしれません。

 

ここでは、

  • Googleサジェストの仕組みはどうなっているのか?
  • Googleサジェストの操作は可能なのか?
  • Googleサジェストの削除はどのように行うのか?

上記のような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

Googleサジェストの基礎

Googleサジェストとは、予想検索ワードのことです。

あるキーワードを入れた時に、Googleが自動で生成する関連キーワードをサジェストと言います。

 

サジェストは、そのキーワードと関連したものが上がってくるはずです。

しかし、中には不本意なキーワードが出てきてしまうことがあります。

 

サジェストの仕組みを紹介します。

 

Googleサジェストで表示されるキーワードの特徴

そもそもサジェストで表示されているキーワードに

どんな特徴があるのか?

サジェストを決定している要素は主に5つあります。

 

Google本社が公開している情報をいかに記載しました。

サジェストは、以下から割り出しているとのことです。

①ユーザーが頻繁に入れるキーワード

サジェストに入るキーワードは需要が高いものです。

つまり、頻繁に検索されているものというのが、Google側の公式発表です。

特定のキーワードに、どんなキーワードをつけ足して調べている人が多いのか。

それをGoogleのAIが判断しているということです。

 

単純に検索ボリュームが多いキーワードが入ってくることは間違いありません。

サジェストが決まる上で、Googleが一番参考にしているポイントだと言われています。

サジェストの順位も上から検索回数が多いキーワードがランキングで表示されています。

②関連記事からキーワードを抽出

ネット上にある媒体からキーワードを拾っていることも多いです。

ブログ記事やSNSなどで、どんなキーワードが使われているのか?

そのボリュームを計測しているパターンです。

 

例えば、「株式会社A」というキーワードのサジェストを決めるとき、

「株式会社Aは詐欺なのか?」「株式会社Aはブラック」という記事や投稿が多い。

そうすると、Googleは記事と関連付けて、
サジェストは「詐欺」や「ブラック」という単語がキーワードに入ってしまいます。

ネットにある大量にあるコンテンツから相対的に見て、
使われることが多いキーワードがサジェストに入ります。

③ユーザーの位置情報

最近では、ユーザーの位置情報を元にサジェストを出していることもあります。

そのほうが、ユーザーへの利便性が向上できるからだと考えられます。

Googleはユーザーの位置情報を把握して、地域に合うサジェストを表示。

 

例えば、「焼肉屋」というキーワードを検索するとき、

東京の人が検索すれば「焼肉屋 東京」

広島の人が検索すれば「焼肉屋 広島」

というサジェストの結果になります。

④ユーザー個人の志向と傾向

検索ボリュームが多いキーワードが出ることは間違いありません。

しかし、検索する人によってもサジェストに個性が出る場合もあります。

 

Googleはアカウント登録をしてから使うものなので、
Googleはアカウントの検索履歴を常に計測しています。

つまり、ユーザー個人の趣味や嗜好からサジェストを変更することもあるということです。

 

例えば、レジャー施設に興味がある人なら「東京」と検索すると「BBQ」というワードが出てくる。

グルメ情報を頻繁に検索している人は「グルメ」「居酒屋」というキーワードが出てくるという具合です。

家のPCと職場のPCで検索結果が変わるのは、このアルゴリズムがあるからです。

⑤季節・トレンドに関連するキーワード

Googleのサジェストは季節によっても変動します

やはり、人は季節によっても検索傾向が変わるからです。

 

例えば、夏に検索するキーワードとしては「海」「プール」「熱中症」などがあります。

冬に検索するキーワードは「防寒」「温泉」「鍋」などがあります。

 

検索ワードにもよりますが、冬に検索すると冬に関連するワードが優先的に出てくることが多いです。
それも利便性の向上につながるというGoogleの考えもあるのでしょう。

また、最近、急に検索回数が増えているトレンド性の高いものもサジェスト入りすることもあります。

予想検索の仕組みと法則|検索エンジンシステムを解析

 

Googleサジェストの操作はかなり難しい

現状、Googleによれば以下がサジェストを決定する要素になります。

サジェスト決定の3要素
  1. ユーザーの検索ボリューム
  2. ネット上のコンテンツからの関連
  3. ユーザーの検索位置

この要素を考えると、企業などのコンテンツを作る側がサジェストを操作するのは難しいです。

 

特に、1と3に関しては、企業側ではコントロールができないところです。

ユーザーの検索位置やキーワードを操作するのはまず無理です。

 

ネット上のコンテンツに関しても、自分たちのHPやブログだけならともかく、

大量にいろんなコンテンツがネットにはあります。

その相対評価なので、意図したキーワードをサジェストに出すのは不可能でしょう。

 

Googleサジェストの「サジェスト汚染」への対処と確認方法

サジェストに表示されているキーワードが、
誹謗中傷や風評被害につながるものなら放置できません。

いわゆる「サジェスト汚染」と言われるものです。

 

サジェストはコントロールすることは難しい。

しかし、ビジネスに悪影響を及ぼすものなら削除という選択肢が取れます

 

サジェストで「ブラック」「詐欺」「最悪」「嘘」

のようなキーワードが出てしまう。

名誉毀損や不法行為に該当するとして、削除を申請することはできます。

 

自分の会社名や商品名のサジェストを確認するときは、
Googleで自分で検索する必要があります。

ちなみに、普段使っていると自分の検索志向が出てしまいます。
バイアスのない状態のサジェストが知りたいのであれば、検索ワードツールを使用するといいでしょう。

有名な「関連キーワード取得ツール」がお勧めです。

https://www.related-keywords.com/

 

こちらで調べたいキーワードを検索するだけ。

キーワードを打ち込んで検索したら、すぐ下にサジェストの結果が出てきます。

ちなみに「東京」と検索した時のサジェストは↓です。

 

Googleサジェストの削除をする方法集

あまりにもひどいサジェストが出てしまった。

ビジネスでは致命的とも呼べる状況です。

サジェストで不本意なものが出てしまった場合、どのように削除していくのか

その方法を解説していきます。

 

専門家に依頼

サジェストの削除にはWEBの専門家の利用が一番です。

Googleのサジェストの仕組みやアプローチの仕方に精通している

そんなプロにお願いをするほうが確立としては非常に高いです。

 

サジェストの削除は、即席の知識でできるものではありません。

自分たちでやろうとすると、コストや時間がかかることは間違いありません。

専門家ならサジェストの知識やノウハウがあるので安心です。

 

弁護士に依頼する

誹謗中傷などが絡むと弁護士の分野です。

最近では、WEBの風評被害に対応している弁護士も多く、

こうしたネットの評判トラブルでも頼りになる存在です。

 

しかし、費用面の兼ね合いや、法律的な視点だけでは削除に繋がらないケースもあるため、
総合的な対応が出来る専門家に、まずは状況を分析してもらうことをオススメします。

 

Googleに削除申請を行う

会社や個人が、自分の手でGoogleに「サジェストを削除してください

という申請をすることも可能です。

 

Googleサジェスト削除はこちらから

https://support.google.com/legal/contact/lr_legalother?product=searchfeature

 

しかし、この方法はあまり期待しないほうがいいです。

90%削除申請は通りません。

Googleは、サジェストで他の会社と裁判になったことはありますが、
Googleが負けるケースはごく稀です。

もしもGoogleが訴えられるようなら、今の地位は確立できていないと思います。

 

それくらいサジェストに正当性があることをGoogle側も承知しているため、

知見や準備がないまま削除申請をしたとしても、却下の定型文が返ってきて終わります。

 

Googleサジェストの削除も実は難しい

サジェストの削除については、操作と同じくらい難しいです。
WEBにも精通していなければできません。

削除にはプロの介入が必要になります。
そんな時に頼れる存在がいれば、非常に心強いでしょう。

 

Reputation Guardでは、Googleのサジェストに悩む人のために相談を受け付けています。

サジェストで不本意なキーワードが出てしまう。

そんな時は、一度メールにてご相談いただきたいと思います。