Googleサジェストの削除方法|依頼方法と申請が通る確率

Googleサジェストで悪影響のあるキーワードが出て困っている。

それなら削除に向けて動きだして行く必要があります。

 

サジェスト削除に関しては依頼するのが一番。
しかし、どこに依頼をすればいいのかわからない。

そんな人のためにGoogleサジェスト削除の依頼先とオススメについて解説していきます。

 

Googleサジェストの削除依頼先~3つのパターン~

Googleサジェストの削除。

実は依頼先には複数の選択肢があります。

  1. 削除代行サービス(専門家)
  2. 弁護士
  3. Google(直接)

この3つにはそれぞれどんな違いがあるのか?

解説していきます。

①サジェスト削除のプロへの依頼

WEBに詳しい専門家に頼むのが一番安心です。

今ではサジェストの削除を専門にしている会社もあるので、

そちらに依頼をするという方法をお勧めいたします。

 

Googleサジェストの削除はWEBに関する知識やテクニックが必要

しかし、弁護士ではそれを解決するすべがない。

なので、WEBの世界の専門家に依頼をすることで解決していきます。

 

削除業者に依頼をすれば、裁判で強引に解決するという選択肢は奥の手なので、

穏便かつ早期解決が可能です。

ただし、法的代理人になることはできませんので、法的処置は期待をしないほうがいいです。

専門家への依頼の特徴
  • サジェストに関する専門家が対策
  • 知識と経験で解決までの時間短縮
  • 確実な依頼先

②弁護士に依頼して削除

弁護士のサイトでは風評被害の解決をうたっている事務所があります。

なので、弁護士もサジェスト削除の依頼先として有効です。

 

サジェストの内容によっては名誉棄損に該当するので、

法的処置を必要とする場合があります。

そうなったらおのずと弁護士の出番になります。

 

ただ、サジェストやWEBに詳しいというわけではありません。

法的処置以外の手段が取れないのが心もとないです。

しかも裁判を念頭に置いた解決策なので穏便な解決とはいきません。

弁護士への依頼の特徴
  • 法的手続きをするときに必要
  • 法的処置以外の対策ができない
  • 裁判が前提の解決方法

③Googleに直接依頼して削除

Googleがサジェストを決めています。

だから、Googleにもサジェスト削除を申請することができます。

専用のフォームに記入すれば、Googleに見てもらって審査をしてもらえます。

そして、返答を1~2週間待つという流れになります。

 

 

Googleに削除申請をするまでの流れ

Googleのヘルプにある「コンテンツの削除」を開く

ウェブ検索」をチェック

上記以外の法的な問題が発生している。」を選択

オートコンプリート・関連検索キーワードに関する問題があります。」を選択

削除リクエストをお送りください。」をクリック

「氏名」「会社名」「アドレス」「キーワード」「削除理由」を記載し送信

しかし、Googleの削除申請窓口はあくまで「チャンスをもらうだけ」というものになります。

一応、申請ができる窓口を設けているだけで申請はほぼ通らないと思ったほうがいいです。

申請した企業はいくつもありますが、いい返事が聞けていないのが現状。

むしろ、この方法では無理だから削除業者や弁護士に依頼をする会社が多いということでもあります。

Googleへの依頼(申請)の特徴
  • コストをかけずに手続き出来る
  • 審査はほとんど通らない
  • 一度審査に落ちれば解決が難しくなる

 

Googleサジェストの削除依頼が通らない理由

Googleに直接審査を申し込みする人は審査が通らない理由も気になるはずです。

では、Googleはなぜ申請をほとんど却下してしまうのか?

その理由についても見ていきましょう。

サジェストは誹謗中傷にならない?

サジェストが法律に違反したものなら法的処置を取ればいいです。

例えば、誹謗中傷や名誉棄損に該当すればGoogleに非があることになります。

しかし、サジェストにどんなキーワードが出ても誹謗中傷とはならないことが多いです。

 

誹謗中傷や名誉毀損というのは簡単に言うと、「名指しで個人や団体を非難する」という条件に当てはまらなければいけません。

ただ、Googleは故意に特定の団体を貶めているわけではありません。

サジェストはそのような意図ではなく、機械的に関連ワードを表示しているだけだからです。

よって、法的にはサジェストが不法行為だと言えません。

 

Googleもそれをわかっているからか、サジェストに関する裁判では強気の姿勢を隠しません。

現に何度かサジェストで揉めて裁判になりましたが、いずれもGoogleの勝訴で終わっています。

Googleの利用ポリシーに同意している

Googleには「WEB検索ポリシー」と言って、検索者に対する注意事項があります。

そして、検索者はそれに同意して検索結果を見ていることになります。

Googleはあらかじめ「検索結果はアルゴリズムで判断していることを留意してください」という注意事項を記載しています。

Googleオートコンプリートポリシー

 

形ではGoogleは検索者にきちんと検索における注意点を公開しています。

なので、検索した人は無条件にその注意を飲んでいるものだという構図ができています。

あらかじめ注意した結果なので、検索者がサジェストで検索結果にどんなイメージを持っても仕方がないということになります。

サジェスト削除は専門家に

自分たちで申請をしたほうが、コストをかけずに済むのは間違いありません。ですが、現段階ではサジェスト削除はGoogleに申請することはお勧めできません。

リスクがある上に、失敗する確率のほうが高いです。Googleにコンテンツが認められていかなければいけない以上、Googleと争うのは得策ではないでしょう。

きちんと専門家に依頼をしたほうが安心で確実な解決ができます。

 

Googleサジェストを決める要素

サジェストのキーワードはGoogleがある程度メカニズムを公開しています。

サジェストに出てくるキーワードが以下の要素で決定します。

  1. 検索キーワードのボリューム
  2. WEBコンテンツからの自動収集
  3. 検索ユーザーの場所
  • 検索している人がどんなキーワードで検索しているか。
  • 他のWEBコンテンツではどんなキーワードが使われているのか。
  • 検索している人はどこにいるのか。

などの情報からAIが自動的にサジェストを割り当ててます。

 

上記を見るとコントロールできない要素がほとんどです。

WEBシステムから自分たちでサジェストを削除したりコントロールしようとしても徒労に終わります。

Googleサジェストは操作できる?【仕組みと削除を徹底解説】

予想検索の仕組みと法則|検索エンジンシステムを解析

 

Googleサジェストの削除依頼|相談はRGで

サジェストの削除・コントロールは至難の業。

だからと言って、法的処置・自発的な変更は難しい。

 

だからこそ、WEBの風評被害対策のプロが必要なんです。

サジェスト削除は当サイト(RG)でも24時間ご相談のメールを受け付けております。

サジェスト削除のご相談はこちら