予想検索の仕組みと法則|検索エンジンシステムを解析

日常的に「検索」という行為が当たり前になっています。

そんな時代に大事になるのが「予想検索」です。

 

予想検索の結果次第で、会社のイメージは上下します。
予想検索の仕組みを理解して、ビジネスを優位にしていきましょう。

例えば、会社名で検索した時にでる予想検索ワードで、
その会社の印象は変わりますよね?

 

今回はそんな予想検索に関する

  • 基本的な知識
  • 影響力
  • キーワードの決定方法
  • 検索エンジンによる違い

などを解説していきたいと思います。

 

予想検索(検索エンジン)の基本

予想検索とは、検索エンジンが予想した関連キーワードのこと。
関連キーワードをあらかじめ出してくれるので検索自体が省略できる仕組みです。

 

例えば、「Google」と入力したら「求人」「株価」「採用」
など検索したいキーワードに関連するキーワードを出してくれます。

 

つまりは検索する側にとって便利な機能というもの。

しかし、「検索する側」にはメリットがありますが「検索される側」にはメリットとデメリットの両方があります

ちなみに、予想検索のワードは検索エンジンにより違います。

GoogleとBingでは表示されるワードが変わる。
これは検索エンジンごとのアルゴリズムの違いです。

 

予想検索を表示している検索エンジン

予想検索を導入している検索エンジンは多くありません。

しかし、有名検索エンジンのほとんどで予想検索機能がついています

 

予想検索のある検索エンジン
  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

上記の検索エンジンは国内の検索エンジンでシェアが大きいトップ3

検索する人のほとんどは予想検索機能に触れていることになります。

 

Googleの検索画面

 

Yahoo!の検索画面

 

Bingの検索画面

 

 

予想検索はどんな意味がある?~キーワードの重要性~

予想検索の影響は、主に検索される側の方が大きいです。

予想検索の出方によって、良くも悪くもビジネスに影響を与えます。

そんな予想検索の意味についても解説していきます。

予想検索の意味と影響
  1. 企業や商品の印象を決める
  2. 企業戦略を左右する

①企業イメージ・商品イメージに直結

予想検索によって企業イメージがよくなったり商品イメージが傷つくことがあります

 

例えば、「企業名」を検索して「ホワイト」みたいなキーワードが出る。

これは検索者に「この企業はホワイトだろう」という印象を与えやすいです。

そして「商品名」を検索して「壊れやすい」というキーワードが出る。

これは検索者に商品のもろさを想像させてしまいます。

 

予想検索はまさに世間のイメージが具現化するもの。

予想検索でどんなキーワードが出るかによって検索される方のイメージが決まります

②ブランディングの成功と失敗

企業でブランディングを計画しているなら、予想検索はなおさら大事です。

予想検索は印象を与えてしまう」のですから、ブランディングの成功と失敗につながります。

 

今、企業が計画している、もしくは売り出したいサービスや商品があるとします。

予想検索ワードで上手く関連するキーワードが出れば、顧客の誘導に成功します。

そして、企業にとって与えたい印象、もしくは具体的なサービスのページにつながります。

 

しかし、予想検索をうまく活用できないとどうなるか?

自分たちにとってあまり誘導したくないほうに検索者が流れてしまいます

ブランディングの形成の邪魔になることもあります。

 

予想検索の仕組み~キーワードの決まり方~

予想検索の決定方法はある法則があります

なぜなら、サジェストは人間の手ではなく、AIによって選択されるからです。

AIの法則を紐解けば、予想検索を味方につけることも可です。

 

予想検索の決まり方は、

  1. 検索者の検索履歴
  2. 全体の検索の統計
  3. トレンド
  4. 検索者の位置
  5. 検索結果で出るページを参考

で決定します。

①検索者の検索履歴

検索者の検索履歴を参考にして予想検索を出しています。

単純に、検索者が検索することの多いキーワードを抽出しているということです。

検索は同じものを検索することも多いですから、これも効率化をするためでしょう。

②検索者全体の統計

自分だけではなく、検索者の多くが検索するキーワード。

その統計情報から予想検索を表示するという仕組みもあります。

これはまさに検索キーワードを検索エンジンがおすすめしているという形です。

多くの人が検索するから需要があるキーワードを表示してくれます

③検索のトレンド

季節や時期のトレンドで需要の高いキーワードを表示するパターンもあります。

例えば、「旅行」と調べると冬の時期は「温泉」とでる。

秋に調べれば「紅葉」という予想検索が出るということです。

季節によるキーワードは爆発力が高いので検索エンジンも表示していきたいのでしょう。

④検索者の位置

GoogleはGPS情報によって検索者の位置を特定する機能があります。

つまりは、検索者の位置情報を参考にして予想検索を出すということです。

 

北海道にいる検索者が「グルメ」を調べる。

そんなときに検索結果に出るのは、北海道のお店です。

検索者の位置から検索を効率化するという考え方も予想検索に追加されました。

しかし、これができる検索エンジンは今のところGoogleだけです。

⑤WEBページを参考

キーワードについて解説しているブログやSNSを参考にしている

これもキーワードが決まる要素です。

ただし、これはGoogleのような精度の高いAIで決定している検索エンジンでしか考えられます。

おそらく、GoogleとYahoo!はこの要素を強く持っているといわれています。

 

例えば、「野球」というサジェストを決めるときは、
実際に野球にまつわるコンテンツから頻出するキーワードも見ているでしょう。

実際に需要のあるコンテンツは参考にしていることは間違いありません。

 

検索エンジン別|予想検索の違い

上記のように検索エンジンは様々な要素を駆使。

そして自動的に予想検索ワードを表示します。

 

しかし、各会社で重要視する要素が異なります

各検索エンジンが予想検索を決定するために使う要素も見ていきましょう。

予想検索が参考にする要素
Google
  • 全体の検索結果
  • 検索ユーザーの位置
  • WEBページからの引用
Yahoo!
  • 全体の検索結果
  • WEBページからの引用
Bing
  • 検索者の検索履歴
  • 全体の検索結果

GoogleはテクノロジーやWEB技術がダントツで高い会社です。

参考にしているソースもけた違いですので、利用者数も多いです。

その分、参考にする要素も多くコントロールが難しいです。

今後もおそらくはGoogleよりも検索されるものは出てこないでしょう。

 

Bingは逆にAI技術がまだまだなので、精度の高い予想検索が出せません。

予想検索の精度は「検索エンジンの需要」が比例するといっても過言ではありません。

Googleでは予想検索で都合の良いキーワードを出すのは難しいかもしれません。

 

どの検索エンジンの仕組みを中心に対策するべき?

 

予想検索の中で一番重要なのは、「Google」です。

もしも、Googleで予想検索が批判めいたものになるならば要注意です。

理由は簡単で、Googleが国内一のシェアを持つ検索エンジンだからです。

 

世界の検索エンジンのシェアを調べる「Statcounter」でもGoogleのシェアが明らかです。

 

Googleデスクトップシェア(日本)

Google 73.17%
Yahoo 15%
Bing 11.27%

Googleモバイルシェア(日本)

Google 77.14%
Yahoo 22.16%
Bing、baidu 0.23%

 

国内の7~8割の人間はGoogleで検索をしています。

なので、予想検索の対策はGoogleを優先的に行うようにしましょう。

 

予想検索の仕組みをうまく利用しよう!

検索エンジンの予想検索は仕組みを理解すれば、大きな味方になります。

そして、予想検索の結果次第でビジネスは良くも悪くもなります。

ネット社会では予想検索をうまく使うことが求められます。

 

しかし、予想検索で思わぬ足をすくわれるケースが増えています。

 

  • 予想検索の結果で悪い結果が出ている。
  • 印象の悪くなるようなキーワードが出ている。

それならばすぐに対策をしなければいけません。

 

GoogleとYahoo!で対策が違うので、お悩みの検索エンジン別で参考にしていただきたいと思います。

 

Googleの予想検索対策

Googleサジェストの悪評を消す方法【誹謗中傷・悪評対策】

 

Yahooの予想検索対策

Yahoo!サジェスト対策【風評被害・誹謗中傷への対応】