ミルクカフェの書き込み・悪評の削除|問い合わせ方法と技術的解決

ネット掲示板は5ちゃんねる、爆サイ含めていろいろありますが、

ここでは「ミルクカフェ」という掲示板についてお話していきます。

 

ミルクカフェは予備校や学校に関する書き込みをする。

いわゆる教育機関の情報を交換できる掲示板として有名です。

ミルクカフェには様々な誹謗中傷が日夜書き込まれており、教育機関の関係者もその被害を受けて困っている人もいるでしょう。

 

ですが、ご安心ください。

いわれのない誹謗中傷を受けても解決する方法はあります。

今回はミルクカフェでの悪評を削除していく方法を解説していきます。

 

ミルクカフェとは?

ミルクカフェはスレッドフロー型の電子掲示板です。

わかりやすく言えば、スレッドというテーマの場所で誰でも参加できるタイプのネット掲示板といったところです。

 

ミルクカフェが開設されたのが2000年。

既に20年近くも運営されている掲示板です。

しかし、最近では利用者は減っている。

影響力を考えると大手の掲示板サイトとは比べ物にならないというのが現状です。

 

ミルクカフェでもっとも影響を受けるのは?

ミルクカフェで一番影響を受けるのは、予備校大学でしょう。

 

ミルクカフェは最初は予備校の評判や口コミを掲載するというものでした。

やはり、いまだにそのイメージがあるからか予備校に関する投稿が多めです。

 

もしくは大学受験の情報などを多く扱っているというのが現在のミルクカフェです。

これが非常に厄介なことで、予備校や大学はネットの風評被害を受けやすいということです。

 

予備校というのは教育機関ではなく、ビジネスの1つというものです。

なので、評判で選ばれるということが起こります。

小学校や中学校は場所で決まる人が多いですが、予備校や大学は積極的に選ぶもの。

だからこそ、ネットから受ける印象は非常に大事になるんですね。

 

ミルクカフェの書き込み削除方法

ミルクカフェにある書き込みが邪魔である。

そんなときにできる投稿の削除方法を解説いたします。

 

方法としては複数あります。

まずは優先順位別にご紹介していきたいと思います。

削除依頼スレッドから

まずは簡単な方法からです。

ミルクカフェに常設している削除依頼スレッドから依頼をするという方法です。

 

ミルクカフェでは削除依頼をするための掲示板も用意されており、それが削除依頼スレッドです。

削除依頼スレッドは期間別で別れています。

なので、削除依頼するときは時間とスレッドとレスは特定しておきましょう。

 

そこで削除してほしい書き込みを説明して依頼するという形の削除方法です

削除依頼スレッドはトップページ下部の「削除依頼」にリンクがあります。

 

ミルクカフェにはきちんと書き込みのガイドラインが設けられています。

誹謗中傷に関しては下記のものが削除を請け負うということです。

誹謗中傷の削除基準
  • 個人が特定でき、且つ死ね、クズ、消えろ、など明らかな暴言など。
  • 容姿への指摘、病歴など公益性がなく個人攻撃となりうるもの

    参考:ミルクカフェ ガイドライン

    運営に直接連絡

    ミルクカフェは運営があまり積極的ではないせいか。

    削除依頼スレッドに書き込んでも対応してもらえないことがあるそうです。

    スレッドに書き込むだけでは相手にされない可能性が高いということですね。

     

    そんなときはミルクカフェのお問い合わせフォームから削除依頼をするという方法があります。

    お問い合わせフォームは以下にあります。

    https://ssl.form-mailer.jp/fms/e256e1ce129676

     

    スレッドは嫌がらせの書き込みがあるので、削除依頼はこちらにした方が気づいてもらえます。

    きちんと対応してほしければそもそもお問い合わせフォームを利用した方がいいかもしれません。

    問い合わせで書き込む内容
    • 氏名
    • メールアドレス
    • 掲示板名
    • スレッドナンバー
    • 当該掲示板URL
    • レスナンバー
    • 本文(削除したい投稿の詳細など)

    上記を記入して丁寧に依頼をしましょう。

    削除依頼のための例文は以下を参考にしていただきたいと思います。

    ミルクカフェお問い合わせ用【例文】

    お世話になります。
    ○○学校(予備校)の広報を担当している〇と申します。

    この度は、御社掲示板にある書き込みの削除をお願いしたくご連絡いたしました。
    書き込み情報は以下の通りです。

    • 掲示板名・ナンバー
    • レスナンバー

    以下の投稿内容は投稿関係者のプライバシーを侵害するものと思われます。
    ・「(問題の書き込みのコピペ)」

    このような投稿ににより関係者の個人情報、または名誉棄損になり実際に被害を受けております。
    ガイドラインにもあります通り、こちらは削除の対象になると思われます。
    以上の書き込みの削除をご対応いただければ幸いでございます。
    よろしくお願い申し上げます。

    弁護士を通して仮処分を行う

    ミルクカフェに削除依頼をしても削除されないこともあります。

    運営側もきちんと精査しておらず、削除対応をしないというケースですね。

    基本的に規約違反や権利侵害になるものは、削除されて当たり前ですがどのサイトも対応してくれるわけではありません。

     

    そんな時にできる方法が弁護士を通して法的処置をとるということです。

    弁護士ならば、権利侵害になる書き込みの判定や運営との交渉が可能です。

    強制的に削除をするときは運営に発信者情報を開示させるための仮処分を行うことも可能です。

    今ではネットの風評被害を主に取り扱う弁護士事務所があり、実績もあるところはたくさんあります。

     

    ただし、仮処分は法的処置なので「違法性のあるものに限る」という限定性があります

    個人情報の漏洩や著作権違反などに該当するもののみの対応になるので、グレーゾーンの書き込みでの法的処置は確実とは言えません。

     

    ミルクカフェの削除ボーダーライン

    ミルクカフェでは削除するかどうかのボーダーラインをある程度明確にしています。

    そして、その線引きはミルクカフェのガイドラインに記されています。

    ミルクカフェで削除依頼をして、削除されるものと削除されないものの特徴も見ていきましょう。

    削除されるケース

    • 明らかな悪意を持ち、該当機関に不利益や損害を与える恐れのあるもの
    • 所属する社員・講師の個人が特定できる情報を含むもの
    • 警察や裁判所からの削除命令が下されたもの

    削除されないケース

    • 事実関係が明確に書かれていたりする場合など公共性が高いもの。
    • 教師や講師の教えた内容についてなどの批判

    以上はミルクカフェで正式に発表しているもの。

    なので削除されるケースに該当するものは削除対応は前向きに行ってくれるでしょう。

     

    書き込みはウェブからでも対策ができる

    掲示板の書き込み削除は弁護士を通して行うという方法もあります。

    しかし、あまり大事にしたくないという人もいますし、予算が懸かる上に法的処置も難しいということがあります。

    掲示板で損害賠償をするというのは、なかなかハードルが高いものです。

     

    そんなときにできる対策がウェブからの削除方法です。

    要は検索エンジンで予備校や大学が検索されたときに、ミルクカフェの悪質な書き込みが目に入らなければ問題ないです。

    どちらかというとGoogle検索からの訪問の方が影響力が大きいですから。

     

    それができるのがネットの風評被害専門家です。

    Reputation Guardはそんな専門家によって運営されている風評被害相談サイトです。

    ミルクカフェを含めた掲示板でお悩みの方は

    メールにて一度気軽にご相談いただきたいと思います。