トリップアドバイザーの口コミは削除できるか?お店の中傷を回避!

ネットにある口コミが今、非常に問題視されています。

口コミひとつの持つ影響力はバカにできません。

悪い口コミがひとつあるだけで、サービスの人気に傷がついてしまうことはよくあります。

 

今では様々なジャンルで口コミを投稿できるサイトやアプリがあります。

今回はトリップアドバイザーについてです。

トリップアドバイザーで悪い口コミが投稿されたとき、削除する方法はあるのかということを解説していきます。

 

トリップアドバイザーの口コミを削除する方法

トリップアドバイザーでは口コミの削除を報告をすることで、削除の検討をしてもらえます。

つまり、トリップアドバイザーの口コミ管理担当者が削除対応をしてくれるということですね。

 

まずはトリップアドバイザーにログイン。

ログインは施設を登録した際のもので、施設のマイページから行います。

 

口コミ管理から「口コミの報告」をクリックします。

そこにある専用のフォームを記入して、送信するだけです。

トリップアドバイザーの目安では2営業日以内には返信を送るとのことです。

悪い口コミが現れてしまったときは、このようにしてトリップアドバイザーに対して削除依頼をしましょう。

削除は必ずではない

連絡をしたら削除されるというわけではありません。
そんなことをしたら、口コミが都合のいいものばかりになります。
トリップアドバイザーも報告を受けたら必ず口コミの内容を確認してからどう対応をするか考えます。
そして、削除に値しないと判断すれば、当然却下されることもあるというのはご留意下さい。

 

トリップアドバイザーで口コミを削除してもらうときのポイント

口コミの削除申請が却下されることもある中、少しでも口コミ削除の可能性をあげる方法があります。

それは削除依頼の前の準備で決まります。

そんな削除を成功させるためのポイントは4つあります。

①真偽の確認をする

まずは口コミの内容が正しいのかどうかを確認する必要があります。

嘘か真実かによってもトリップアドバイザーの対応は全く違います

例え、真実だとしても口コミの表現が過激であり、公序良俗に反していれば、対応のしようがあります。

しかし、事実を書いている場合は「公共性のある情報」とみなされて削除対応が難しいです。

 

一連の言い訳をするためにも、まずは社内で口コミの内容を精査することが大事です。

調べもしないで申請しても却下されてもおかしくありません。

②丁寧に対応する

トリップアドバイザーも一企業であり掲載元でもあります。

口コミを書いているのはお互いの「共通の顧客」です。

それにも関わらず、丁寧に対応しなければ聞いてくれるものも聞いてくれなくなります。

 

相手もサービスとして提供していること。

上から目線のクレームや文句をいうのは論外です。

トリップアドバイザーには丁寧に対応しましょう。

③根拠や証拠をきちんと揃える

そして、一番大切なのはこちらの訴えに正当性があるという根拠や証拠です。

例えば、口コミの内容が嘘だと主張するとします。

しかし、こちらが事実無根である」という証拠が提出できなければ意味がありません

トリップアドバイザーだけでは確認をする必要がありません。

 

ここは大事なポイントです。

できるだけ第三者の目からも明らかになるような物的証拠があれば理想です。

写真や数字で現せられれば、より具体的でトリップアドバイザーも判断しやすくなります。

④ポイントは公平性!

トリップアドバイザーでは口コミ削除の線引きというのが独自にあります。

それは公平性です。

口コミの公平性が保たれているならば、口コミは残留、無いならば削除すると明記しています。

 

公平性と言っても難しい話です。

どんな口コミが公平性があるのか判断が難しいところ。

最終的にはトリップアドバイザーの判断によります。

ただ、公平性のある口コミと聞いたら該当する口コミの特徴があります。

それは真実味がある口コミです。

 

口コミが

  • 批判をする根拠がある
  • 曖昧な紹介ではない
  • 口コミを参考にする人の役に立つ

    というものはなかなか削除されにくいです。

     

    お店や企業に都合のいい口コミが並ぶのは公平性に欠けることです。

    掲載している企業だけではなく、トリップアドバイザーの信頼性を傷つけることになります。

    トリップアドバイザーの立場からすると中立性を保つ必要がありますよね?

    口コミが削除できるかわかりにくいという人はこの公平性というポイントに注目してみてください。

     

    トリップアドバイザーの口コミ【5つの特徴】

    トリップアドバイザーの口コミには注目すべき特徴があります。

    対策をする上でも必要な知識です。

    大きく分けて4つの特徴から対策は必須であると考えます。

    ①アカウント登録すれば掲載が可能

    トリップアドバイザーはアカウントを作る必要があります。

    しかし、メールアドレスがあれば誰でも簡単に登録することができます。

    つまり、不特定多数の人間が口コミを書き込む可能性があるということです。

    ②後から編集ができない

    一度掲載された口コミは編集や加筆ができないシステムです。

    編集はできないが、削除はトリップアドバイザーの方で申請をすればできます。

    本人に頼んでも編集はできないので、削除対応をまずはお願いしていくのが賢明です。

    ちなみに削除に関しても本人が自由にできるわけではなく、トリップアドバイザーに本人が依頼をする形になります。

    ③同じ人の口コミは1施設1件まで

    基本的に1アカウントにつき、1施設に1つの口コミまで。

    同じ人が何回も同じ施設を評価することはできない仕組みです。

    1度でいい評価をもらえればいいですが、悪い評価なら天と地ほどの違いがあります。

    ④施設側に厳しい

    トリップアドバイザーの特徴としては施設側に厳しい。

    どちらかといえば、書き込みをしている個人を尊重しているイメージです。

    そうなると、削除対応のボーダーラインが厳しいということがあります。

    トリップアドバイザーのブランドを守るためでしょうが、
    企業側の対応の改善を求めるというのが特徴としてあります。

     

    トリップアドバイザーの口コミ対策は削除以外にもある!

    物理的に口コミを削除することはできます。

    しかし、それはトリップアドバイザーの対応次第でもあります。

    上手くいかなかったときの対処も同時に考えなければできません。

     

    ①WEBの口コミ対策をプロに依頼

    現在、最も注目されている口コミ対策としては、Webの技術的な対処です。

    Googleの検索結果の上位にトリップアドバイザーの口コミをいれさせない。

    関連キーワードやサジェストからネガティブワードを削除。

    などというのがWebの専門家により可能になりました。

     

    第三者からネットの口コミを対応するときは、今では利用されている方法の1つです。

    実際にトリップアドバイザーはネット検索から入ることも多いので、口コミの影響力を下げることができるでしょう。

    Googleサジェストの悪評を消す方法【誹謗中傷・悪評対策】

    ②施設環境を改善する

    自分たちでは根拠のない批判と思うかもしれません。

    しかし、心当たりがある部分は改善をするべきです。

     

    なぜなら、1度の口コミを削除することはできたとしても、
    もう一度、別の人から悪い評価をもらうことは今後考えられるからです。

    施設としては悪い口コミがあるたびに対応に追われるというリスクと戦い続ける

    これは施設を消耗させてしまいます。

     

    口コミを意見として真摯に受け止める。

    そして、今後は口コミに掲載されないように努力する。

    実際にトリップアドバイザーに相談すると、営業努力をする提案はよくされるそうです。

     

    以上がトリップアドバイザーの悪い口コミに対しての対処法についてでした。