ホットペッパービューティーでの【口コミ削除方法と対策一覧】

美容関係者が抱える問題としてホットペッパービューティーというものがあると思います。

影響力の強い口コミサイトであり、一度悪い口コミが掲載されると大打撃です。

「ここのお店は店員の態度が悪い」

「技術が未熟であり後悔した」

などという口コミは明らかにお店にとっては害になります。

 

ホットペッパービューティーで悪い口コミが掲載されたとき、

  • 削除擦ることは可能なのか?
  • 他にできる対処はあるのか?

ということについて解説していきます。

 

ホットペッパービューティーの口コミは削除できない

ホットペッパービューティーでは原則、

口コミの削除はできません。

これは公式に明言しています。

 

口コミの削除をしてほしい人は

  • 投稿者本人
  • 投稿された店舗関係者

がいると思います。

 

しかし、どちらから問い合わせられても削除はしないというのがホットペッパービューティーのルールです。

かなり厳格に口コミのルールを強いています。

 

唯一、ホットペッパービューティーは口コミを削除することはあるそうです。

しかし、それは古い情報やユーザーに有益ではないものを判断して削除するだけらしいです。

ともかく、ホットペッパービューティーと交渉することで削除に向かうことはないと思っていいでしょう。

 

ホットペッパービューティーの口コミが削除できない理由

ホットペッパービューティーは頑なに口コミの変更や削除には応じません。

ただ、口コミサイトとしてはある話です。

それは口コミの正当性や公共性を守るという意味があるのでしょう。

①事前審査を通す

ホットペッパービューティーでは口コミで後から問題にならないように審査をしっかり通しています。

口コミを打ち込めばそのまま反映されるのではなく、一旦サイト側で吟味。

問題がなければ掲載しています。

つまり、すでに公開している口コミはホットペッパービューティーが公開しても問題なしと判断したものだけということです。

②正当性が失われかねない

口コミが交渉することで削除ができてしまう。

これは口コミそのものの正当性が失われることにもなります。

 

ユーザーにとってはお店に都合のいい評価だけ並ぶのはよくありません。

だからこそ、いい口コミも悪い口コミも載せることで正当性を示しているのでしょう。

③労力の発生

労力の面でも交渉の場すら設けないほうが労力の節約にもなるのでしょう。

口コミがグレーゾーンに入るもので、お店と揉めるのはホットペッパービューティーとしても面倒です。

 

だからこそ、審査というものを通したり、口コミのルールを明記しているのでしょう。

すでに口コミのルールは設けている以上、それ以上のことはしないと言っているのと同じです。

 

ホットペッパーの口コミは弁護士でも解決できないかも?

口コミによる風評被害の最終手段としては法的処置があります。

つまり、弁護士に依頼をするということです。

弁護士に依頼をすることで

  • 口コミの削除の法的手続き
  • 投稿者の情報の開示

などが進められます。

ちなみに進めても必ずしも希望通りになりません。

 

つまり、弁護士を頼るという手段がネットの口コミで被害を受けたときにはあるわけです。

しかし、ホットペッパービューティーではそれすらも難しいことがわかります。

 

口コミの審査が入るということは、法的な解釈をしても違法性はないということ。

掲載したところで問題にできないから掲載されているんです。

審査が入る理由としてはトラブル防止のために法的な武装をしているという見方もできます。

なので、厳格な審査が入る口コミサイトでは弁護士が介入しても削除が難しいです。

 

特にホットペッパービューティーのような大規模の口コミサイトでは顧問弁護士による検閲も通っている可能性が高い。

そのことから弁護士に相談をしても空手で終わる可能性が高いと言えるでしょう。

 

ホットペッパービューティーで悪い口コミが出たときの対処方法

削除という路線は初めから考えないほうがいいです。

ホットペッパービューティーが取り合わない、さらに法律でも攻められないとなるとムキになるほうが効率が悪いです。

削除という方法をとらなくても、お店側でできる対応はあります。

検索経路からの流入を下げる

ホットペッパービューティーは利用者も多いですが、基本的にはGoogleから検索して行き着くユーザーが多いです。

つまり、店名を検索した結果、ホットペッパービューティーのページが出てくるということ。

この検索エンジンからの流入を減らすと口コミの影響力を下げることができます。

 

一番いいのはウェブの専門家に依頼をすることです。

技術的な問題があり、店舗だけでは検索エンジンの結果をコントロールすることは難しいです。

ある程度の予算があればできるので、一度相談をして解決できるかどうかを探ってみましょう。

 

検索エンジンの流入がコントロールできるなら、逆に肯定的な意見を発信させることも可能です。

  • ウェブ集客のトラブル
  • プロモーション

を一手に解決するには専門家の力が必要です。

悪い口コミを逆に利用する

ホットペッパービューティーでは、口コミに対する返信を行うことができます。

口コミと同時に記載される箇所なので、上手く活用すれば逆に信頼性を取り戻すことにもつながります

 

口コミへの反応としては抗議をするのは論外です。

他の人が見えるところで言い訳や反論をするのは明らかなイメージダウン。

大人の対応を心がけましょう。

 

口コミへの返信、ポイントは3つあります。

  • まずは謝罪をしっかりする
  • 改善の意思があることを伝える
  • 口コミに対する感謝を表す

    この3つをすることにより、他の利用者からの印象は格段によくなります。

     

    例として、以下のような対応をするのがいいでしょう。

    ホットペッパービューティー口コミへの返信

    【○○(名前)】様

    この度は【お店の名前】をご利用いただきありがとうございます。
    また、店舗に関する貴重なご意見をいただき感謝いたします。

    お客様のご満足をいただけないこと、大変申し訳なく思います。
    頂いたご意見をもとに今後、スタッフへの教育やサービスの見直しを徹底いたします。

    ご来店とご意見、再度お礼申し上げます。
    ○○様にまたご来店いただけるように精進いたします。
    またのご利用をスタッフ一同心からお待ちしております。

    いい口コミにも反応を返す

    悪い口コミばかりに目が行き勝ちですが、いい口コミがあるなら大切にするべきです。

    わざわざ口コミを書いてくれるというのは、ファンになってくれる可能性がある

    そのファン候補を無視するのは頂けません。

     

    良い口コミに対しても返信する。

    これがホットペッパービューティーでの集客の基本です。

     

    いい口コミには

    • 口コミや来店したことへの感謝
    • 口コミ投稿者を認識しているというさりげないサイン

    を含ませておくと効果抜群です。

     

    「ただ一人の顧客を頭に描いている。」

    「この店はなんていい店なんだ!」と思ってもらえるチャンスです。

     

    口コミは良いものも悪いものも対応しておきましょう。

    • 見込み客の増加
    • リピーターの獲得

    にも繋がる行為です。

    口コミを書いてくれるようにお願いする

    口コミを書いてくれる人を増やすと、悪い評価が目立たなくなります。

    投稿者を増やす努力も平行して行いたいところです。

     

    自分で口コミを投稿するのはできないので、来てくれたお客さんにお願いをします。

    ただ、書いてくれと言うのは難しいのでクーポンやサービスを提供するといいでしょう。

    リピーターの獲得と評価の向上の両方を見込めます。

     

    ホットペッパービューティーの口コミ削除~まとめ~

    ホットペッパービューティーはヤラセが多いのではと思われがちです。

    しかし、ルールやシステムを見るととてもヤラセができるようなものではありません。

     

    なので、悪い口コミもビジネスではよくあることとして、それを活かすように対応して行かなければなりません。

    これぞ、危機管理能力が試される場所です。

    ピンチをチャンスに変えましょう。