ヘアログの口コミで売り上げダウン!削除をしたいときはどうする?

口コミサイトでの扱われ方は店舗や企業にとっても大事なポイントだと思います。

サービスを利用する前に口コミサイトから情報収集というケースも珍しくなくなりました。

食べログや転職会議も知名度は高いですよね?

 

専門性の高い口コミサイトではヘアログも有名です。

美容室に特化した口コミサイトであり、美容室は評判が決定してしまう重要なプラットホーム

 

今回はヘアログの口コミ削除の方法についてです。

悪評や誹謗中傷が書かれたときに店舗ができる対策はあるのかをご紹介していきます。

 

ヘアログの口コミは削除可能か?

ヘアログに掲載された口コミは原則的に削除は難しいようです。

ヘアログの利用規約でもきちんと明記してあります。

それによると、書き込み者本人であっても削除はできかねますとのことです。

 

しかし、ヘアログには権利侵害に該当する口コミは放置せずにきちんと連絡をすれば対応するとも答えています。

つまり、ヘアログの口コミを削除することは条件次第では可能であるということです。

 

ヘアログで口コミを削除する手順とは?

ヘアログではプロバイダ責任制限法に基づき口コミの対応を行います。

プロバイダ責任制限法とは権利侵害を受けたときにプロバイダに賠償や情報を請求する権利を定めた法律です。

ヘアログに削除依頼をする

プロバイダ責任制限法に基づくとは、

規定書類を提出して削除を求めるということのようです。

通常、削除依頼では公的文書の作成は珍しいですが、ヘアログでは提出を求められるようです。

 

ヘアログに対して以下のことを記した通知書を送ります。

  • 問題の口コミの掲載場所URL
  • 掲載されている情報
  • 侵害されている権利
  • 権利侵害になる理由
  • 署名をして郵送、またはFAXをするとヘアログが削除をするか検討する

という流れです。

 

これはあくまでも削除依頼なので発信者情報の開示請求とは違います。

対応されるかどうかはヘアログの判断しだいということは変わらないので、進捗は変わらない可能性もあります。

ヘアログにお問い合わせ

ヘアログには利用規約にこう書かれています。

「もしも、違反口コミを見かけたらお知らせください。」

ということはお問い合わせするだけで違反な口コミなら削除してくれるということです。

 

通知書が必要なのはあくまでも権利侵害を受けているお店がする対応。

違反口コミは第三者でも対応するということでしょう。

 

方法はヘアログからお問い合わせをクリック。

必要事項を入力して送信してヘアログの対応を待ちます。

ただし、ヘアログの禁止事項に該当していなければ削除の対象にはなりません。

ヘアログでの口コミ禁止事項

口コミの有益性を損なうもの
ー真実ではない
ー具体性が全くない
ーサービスを受けていない
ー点数と評価が合わない
ー金銭目的の口コミ

迷惑行為に該当する口コミ
ー差別的な表現がある
ー誹謗中傷を主の目的にしている

プライバシーや著作権に違反する口コミ
ー従業員の個人情報が含まれている
ー著作権や肖像権に違反した口コミ

 

ヘアログで発信者情報の請求をする

ネットの風評被害では法的処置を取ることができるケースがあります。

法的処置は基本的に書き込んだ本人に対して行います。

そのために、発信者情報を開示する手続きをとることができるということです。

 

裁判所にて仮処分の手続きをして、発信者情報の開示に必要な許可や書類を発行します。

それを持ってプロバイダやインターネット業者に開示請求をしていきます。

 

これは大がかりな手続きになるので、費用と時間が発生します。

どうしてものとき以外はおすすめできない方法です。

 

ヘアログはウェブからの解決がおすすめ?

ヘアログでは削除に手間がかかる上に削除のハードルが高いです。

手続き自体はできても残念な結果に終わる可能性は高いです。

口コミ関係のトラブルは口コミサイトに優位性があるので、法的処置も部が悪い勝負のように思います。

 

ただ、口コミサイトや裁判所を介さない解決方法もあります。

それがウェブの技術による口コミの削除です。

 

サジェスト(予想検索)や検索順位を操作して、口コミをユーザーの視界から削除するという方法です。

この解決方法は時間も予算も法的処置よりは安価であるという点が優れています。

 

Googleからの流入がウェブサイトには多いので、大元を立つことができれば悪い口コミを見る機会は確実に減らすことができます。

ウェブの技術的な解決法については下記で詳しく解説しています。

 

ヘアログの口コミ削除 まとめ

実際にヘアログの口コミで低評価をもらってしまった。

そのときの流れをまとめてみます。

口コミの内容を確認
    ↓
ヘアログの口コミ規約を確認
    ↓
禁止事項ならヘアログにお問い合わせ
    ↓
削除されなければ権利侵害を受けたとして通知票を記入して送る
    ↓
削除されなければウェブからの解決策を検討する

という流れだとスムーズです。

 

早い段階で解決できれば余計な手間とコストを削減できます。

削除が思い通りにいかなければ、別の角度から攻めてみるという流れです。

 

悪い口コミは1つ1つに威力があります。

見つけ次第、即座に削除に向けて動いていきましょう。