【転職サイトの風評被害対策】企業レビューの悪評をなくすには?

転職サイトや、企業の口コミサイトで悪い評判を掲載されていませんか?

もしそうだとしたら、その会社が受ける影響は少なくありません。

 

企業レビューに悪評が掲載された方の声

「商品の売り上げが12%落ちた」
「来店数が月50人も減った」
「新入社員の獲得に失敗した」

 

そんな被害をもたらす転職・企業レビューサイトへの対策について解説していきます。

この記事の内容

転職・企業レビューサイトへの
①対処
②危険性
③風評被害実例
④迅速に解決する手段

     

    転職・企業レビューサイトで風評被害を受けてしまったときの対処法

    転職サイトや企業の評判サイトで、自社のブランドイメージが低下した。

    万が一、そうした事態に陥ってしまったら、一刻も早く対策を行うことをお勧めします。

     

    ですが、「どう対処すればいいか分からない」そんな方のために対処法を紹介していきます。

    1. 風評被害解決サービスを利用
    2. 投稿者を特定して削除依頼
    3. 転職・企業サイトの運営元に問い合わせ

    企業は、以上の3つの対策を取ることができます。

    ①風評被害のプロフェッショナル集団に相談

    転職・企業サイトの風評被害における、最短の解決方法は、
    風評被害対策に詳しい専門家集団に依頼することです。

    風評被害というのは、対策がかなり難しく、結果が出ないこともしばしば。

    自社で解決しようとしても、投稿の削除はおろか、投稿者の特定もできずに、泣き寝入りせざるを得ないケースも少なくありません。

    ある会社では、3年もの歳月をかけて、口コミ削除をしようとしましたが、
    結果として何も得られず、裁判に負け、金銭的な負担さえも発生するいうケースもありました。

     

    プロにお願いしたほうが確実ですし、結果的に期間が短くなるケースがほとんどです。

    風評被害のお問い合わせ窓口へ

    ②投稿者個人を特定して削除

    投稿者個人を特定できれば、その方に削除依頼を要請することが可能です。

    しかし、実際は、このパターンでの解決実例はほとんどありません。

    理由としては、匿名の書き込みのため、書き込んだ特定の個人を割り出すのは難しいことが挙げられます。

     

    仮に投稿者が特定できたとしても、「言論の自由・表現の自由」が存在しています。

    「公序良俗の違反」との兼ね合いとなりますが、あくまでも一個人の意見であり、
    実体験に基づいた主観であると、事実無根でない限り、削除は難しいのが現状です。

    運営サイトとしても、削除する義務も義理もなく、リアルな悪評ほど重要な情報(ユーザーが知りたい情報)として、重要視する傾向にあります。

    個人の特定→削除依頼は、現実的には難しい方法だと言わざるを得ません。

    ③本人に交渉をして削除する

    稀なケースとして、投稿者本人に連絡ができることがあります。
    連絡先がまだ残っていたり、社員を通して音信可能な状態なら1つ打てる手があります。

    それは、本人にお願いをして削除をしてもらうことです。

    そもそも退職者と連絡が取れることがほぼないので、できる企業は少ないかもしれません。
    また、退職者だからと言って乱暴な物言いをしてしまうのは問題です。

    リスキーな方法なのですが、穏便に交渉ができるのであれば試してみる価値はあります。

    ④運営元に依頼

    転職サイトや企業レビューサイトの運営側に、削除依頼を行う方法があります。

    大手サイトでは、問合せ窓口やコンプライアンス対策の部署が設置されている会社も多く存在増します。

    そのため、削除依頼を行うこと自体は可能です。

    しかし、上記②のケースと同様に運営側からすると、現場の人間しか知りえないリアルな情報は、
    ポジティブな情報もネガティブな情報も「重要な情報」になります。

    削除したい側の意向と、運営元の利害が噛み合っていないため、
    削除依頼を行っても、却下されるケースが多くなっています。

     

    企業 VS 転職・レビューサイトの構図

    企業:「悪評を消して、少しでもブランドイメージを回復したい」

    転職・レビューサイト:「リアルな意見を集めて、信憑性と透明性のあるサイトにしたい」

    上記のように両者の意向は対立し、どうしても、決着を着けたい場合は、司法での判断=裁判となります。

    ただし、削除したい企業側が敗訴する事例が、大半を占めています。

     

    運営会社に依頼をする際のポイントは2つあります。
    それは、利用規約の違反権利侵害です。

    規約の違反は転職サイト内のルールに反しているかどうか。
    権利侵害は法に違反しているかどうか。
    それぞれ根拠が示せることが削除をスムーズに行うためのポイントになります。

    実際に法的処置はしなくても論拠を組み立てることで交渉を上手く進めることができます。

     

    口コミサイト・レビューサイトの脅威・被害とは?

    転職サイトや企業のレビューサイトは、多数存在します。

    数が多いため、1つのサイトに掲載されただけでは影響が少ないと思いがちですが、実は大きな影響を及ぼすことがあります。

    具体的には、以下のような理由が挙げられます。

    不特定多数の人間が閲覧する

    インターネットの意見は、24時間どこからでもアクセス可能です。

    閲覧数やその影響は、予想以上に大きくなりがちです。

    AmazonやGoogleに掲載されたレビューは、閲覧数も影響数も非常に大きなものとなります。

     

    また、最近では、サイトのレビュー内容は、TwitterなどのSNSで拡散される事例も散見されます。

    1つのレビューが1時間足らずで、1万人に拡散する可能性がある、ということです。

    ずっと悪評が残り続ける

    インターネット上のレビューは、文字として残ります。

    つまり、一度掲載された悪評は削除しない限り永遠に残り続け、ネットの悪評には、「風化」という概念がありません

     

    2年前ならネットの世界では古い話。

    しかし、検索すれば最前列に出てくるでしょう。

     

    レビューサイトでは、悪い意見だけをソートして確認することが可能なため、
    3年前の悪評でも、現在でも継続している評価として見られてしまうケースもあります。

    悪評のほうが印象に残りやすい

    リアルでもネットでも、人間は心理的に、悪い評判のほうがインプットされやすくできています。

     

    また、もう一方で、消費者心理として「良い評判を素直に受け取りにくくなっている」ことも挙げられます。
    例えば、良いレビューが書かれていると、関係者による「自作自演ではないか」と考えてしまいがちです。

    ですが、悪いレビューを見て、個人的な恨みを勘ぐったり、
    「ライバル企業による妨害ではないか」とは、考えにくいと思います。

    悪い口コミのほうが、リアリティを感じてしまいやすいということですね。

     

    転職・企業レビューサイトの被害例~ブランドイメージ低下の実録集~

    具体的な例をいくつか紹介します。

    裁判になっている企業もあるほどなので、その影響力を改めて認識することができると思います。

    被害ケース① ☆の数がブランド力を決めてしまう

    価格や品揃えから、圧倒的なシェアを持つAmazon。

    このAmazonレビューを参考にする人は多く存在します。

    そのため、Amazonレビューで悪い評価を受けた場合、
    世間的に「評価の悪いもの」というレッテルが張られます。

     

    ある商品を扱っている会社がAmazonで高評価を受けていました。

    しかし、星が4.5ほどあった商品にもかかわらず、あるレビュワーが星1をつけたせいで

    全体評価が2.8まで下がったことがあるそうです。

     

    商品の全体売り上げが34%ほど低下し、その後業績が回復することはありませんでした。

    ちなみに、単純に星1つのレビューを書けば、すぐさま上記のような例が起こるわけではありません。
    この例のレビューは、かなり根拠をもってしっかりと書かれていたということが挙げられます。

    被害ケース ②転職会議の影響で入社人数「9割減」

    転職サイト大手の「転職会議」。

    退職者や現職者が書く、会社についての評判を掲載しているサイトです。

    多くの転職者が参考にする、とても影響力を持ったサイトです。

     

    転職会議では、国内のほとんどの会社に対して情報が掲載されています。

    比較的希望の小さい建築関係の会社が、悪い点数のついた口コミを掲載されてしまいました。

     

    元々、レビュー母数が少ない会社において、「1つの悪評」が与える被害は甚大です。

    結果として、悪い口コミが非常に目立ち、入社数は昨年比で90%も低下したそうです。

    転職会議の口コミは削除できる?誹謗・中傷対策|口コミサイト編

    被害ケース③ Googleマップの認知度が・・・

    今やGoogleはキーワードを検索するだけではなく、マップでの検索も大きなシェアを持っています。

    Googleマップを使って、お店を探した経験はほとんどの方が持っているのではないでしょうか。

     

    地図を検索するだけではなく、同時に評価も掲載しているのが、Googleマップの特徴です。

    ユーザーとしては、便利な機能である一方、こうした機能も風評被害に繋がる事例が存在します。

     

    Googleマップがまだレビューのプラットフォームとして成長過程ということもあり、投稿件数は少なめです。

    そのため、悪いレビューは、相対的に目立つようになっています

    こうしたケースも、風評被害の専門家集団であるRGなら、最適な方法をご提案いたします。

    風評被害のお問い合わせ窓口へ

     

    代表的な転職・企業レビューサイトの一例

    企業レビューサイトは数多く存在しますが、その中でも特にチェックしておくことをお勧めするサイトを紹介していきます。

    口コミサイトの一覧

    商品全般:Amazon、価格.com
    店舗全般:Googleマップ、Googleマイビジネス
    グルメ系:食べログ、ぐるなび、ホットペッパーグルメ
    転職系:転職会議
    美容系:ホットペッパービューティー
    コスメ系:@コスメ
    旅行系:じゃらんNET
    賃貸住宅:スマイティ
    結婚:ウェディングパーク
    弁護士:弁護士ドットコム
    映画:映画.com

    以上は、業界ごとに大きな影響力を持つサイトです。

    もし、上記のサイトで、悪いレビューが掲載されていたら、一度風評被害対策を検討するのがいいかもしれません。

    相談は無料です。お気軽にご相談ください。

     

    レビューサイトの風評被害こそ、専門家集団「司法書士」へ!

    実はネットの風評被害対策では「司法書士」という選択肢もあります。

    転職サイトや企業レビューサイトで被害を受けている企業や団体のご相談を受け付けています。

     

    口コミサイトの評価で

    • ブランドイメージが下がった
    • 商品の売り上げが落ちた
    • 客足が遠くなった

      風評被害対策に特化した専門家集団、司法書士にご相談ください。

      \1分以内で簡単入力!/

      風評被害のお問い合わせ窓口へ

      Reputation Guard
      ネットの誹謗中傷・企業イメージの低下
      「司法書士」にご相談ください!

      RG



      Reputation Guardがおすすめする相談先は司法書士です。

      ネットやSNSでは企業イメージを傷つける書き込みがたくさんあります。

      ネットの書き込みや口コミは、

      • 企業ブランドの損傷
      • 顧客離れ
      • 入社数の低下

      などにつながります。

      企業をマイナスイメージから守る手段がない。

      そんな企業・個人の方は是非一度へご相談ください。

      お問い合わせ窓口へ